FC2ブログ

すきなものをられつするだけのブログ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > まんが-感想 > いろんな事情と幸せなうちごはん【きのう何食べた?】

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ

2010.10.25 Mon いろんな事情と幸せなうちごはん【きのう何食べた?】

09kinounanitabeta04.jpg

きのう何食べた?(4)よしながふみ/講談社モーニングKC 10/22発売

ふたりで暮らしているゲイカップルの日常生活とその食卓、なんですが、
この説明では大筋のほんの一部しか表現できません。

もちろんそのふたりの関係にまつわるあらゆる弊害や、
気持ちの動きなんかも見せ場ではあるのですが、
あくまでもストーリーはナチュラルでほのぼの。
些細なことを気にしたり、相手を思いやったり、
それはゲイであってもなくても、みんな同じだよね、と共感させられます。

その日常の中で作られる、着飾らないおうちごはん。
ウンチク系グルメまんがと違い、すぐに真似したくなるレシピばかりです。

サラリーマンであるシロさんが仕事から帰ってから作る料理なので、時短でリーズナブル。
本格的なだしをとるのではなく、普通に市販のだし醤油の分量であったり、
面倒な工程は極力省かれていたりするのですが、
手間をかけるところにはたっぷり時間を使って、ワンパターン化しない献立を作る。
料理のアイディアと楽しさ、食べてくれる人への愛情が詰まっています。

日常生活も食事も、当たり前であって当たり前じゃない。
おろそかにしがちな感謝の気持ちを思い出させてくれるのが、
この本の中では料理という形で表されているのではないでしょうか。

シロさんは自分がゲイであることを周囲に隠し、
パートナーであるケンジに分かりやすい愛情表現をしません。
それでもケンジへの料理を見れば、彼をとても大事にしていることが分かります。
ケンジも毎回素直に感動して料理を食べてくれます。
そのやりとりを読んで、こちらまで暖かい気持ちになります。

とにかくこれを読むと料理へのモチベーションが上がります。
レシピを参考にしながら、日常の幸せに目を向けてみるのもいいかもしれません。


関連記事
人気ブログランキングへ

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。