FC2ブログ

すきなものをられつするだけのブログ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > まんが-感想 > 嘘と騙しはイコールか【LIAR GAME】

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ

2010.09.30 Thu 嘘と騙しはイコールか【LIAR GAME】

05liargame13.jpg

LIAR GAME(13)甲斐谷忍/集英社ヤングジャンプコミックス 9/17発売

ドラマ化・映画化とマルチメディア化していたので、
まったく内容を知らない方は少ないかもしれません。

人を疑うことを知らない為に騙されまくってきたカンザキナオの元に
突然1億円が送られてきたことから始まる話。

それを使ってゲームという名の騙し合いをし、最終的に1億円を返却。
持ち金が少しでも減っていれば借金してでも返す。
逆に騙し合いに勝ち、他のプレーヤーからお金を手に入れることも可能。
(ただし、お金を奪われたプレーヤーは借金することになる)

人に嘘をつき、多くの人を騙した人ほど儲かるシステムに、
眼の色を変え、欲望をあらわにする様子がリアルです。

それでも人を信じようとするナオに、元天才詐欺師のアキヤマが協力し、
さまざまなゲームを勝ち進んでいく。
嘘つきが得をするという話なのに、やっぱり正直者が勝ってほしいと思うので、
ナオやアキヤマを応援する気持ちで読んでしまいます。

最近はゲーム自体とその駆け引きが難しく、読解に時間がかかる部分が。
また、こういう状況になったのは実はこんなことをしてましたー的な
後出しも多い気がします。
ゲーム中は仕方ないのですが、もう少しアキヤマの考えていることなんかも
出てくるといいなーと思います。
関連記事
人気ブログランキングへ

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。