fc2ブログ

すきなものをられつするだけのブログ

Home > まんが-感想

2010.12.14 Tue 片思いとチョコレートは甘くほろ苦い【失恋ショコラティエ】

14shitsuren_ct03.jpg

失恋ショコラティエ(3)水城せとな/小学館フラワーコミックスアルファ 2010/12/10発売

現在購読しているコミックスの中で、ベスト3に入るぐらい楽しみにしている作品です。
水城せとなさんの作品を初めて読んだのは、某実在青少年の二次創作物でしたが、
その頃から群を抜いて、圧倒的な世界観と構成力がありました。
程なく少女漫画家としてプロデビューされた時は、嬉しいような残念なような
複雑な気持ちになったものです。

水城さんの描く世界は、キレイ事がありません。
人の持つ煩悩、欲求、強欲さ、それらが赤裸々に描かれ、
でもそれだけではない愛嬌、愛おしさ、情が混在している。
そしてそのドロドロになりがちなテーマを、丁寧で繊細な絵柄が
中和しているように思えます。
正直絵については好き嫌いが別れるのではないかと思いますが。

主人公の爽太は、昔からイケメンを取っ換え引っ換えしてきた
天然小悪魔サエコさんに失恋し、彼女を振り向かせるために、
彼女が大好きなチョコレートのパティシエとなります。
ショコラティエとして成功しながら、今まで通りでは彼女に相手にされないと、
あれこれ駆け引きを行う爽太。
サエコさんは天然っぽい態度で、爽太を翻弄しますが、
こちらもいろいろな計算が見え隠れします。

爽太がそれほどの片思いをする相手サエコさんがどんな人かと思えば、
一般的な評価は、とても普通。
ただ人より恋愛の駆け引きに長けている女性で、爽太曰く「妖精さん」。
彼女みたいな人がまわりにいたら、女子の間で嫌われ者だと思います。
でも確実に、彼女のかけらっぽいものを持った人には、
誰もが会ったことがあるのではないでしょうか。

またそれを計算だと知りつつ、振り回され痛い思いをして、
他の女性と親密になることで癒しながら、やっぱりサエコさんを想い続ける爽太。
そんな爽太とサエコさんのリアリティが、人の恋愛をのぞき見してるような高揚感と、
なんとなく気持ちが分かる、という共感を呼ぶのだと思います。

有名チョコレート店の息子で爽太の家に同居しているオリヴィエや、
従業員の薫子さんの恋愛事情なども同時進行していて気になります。

気になるといえば随所に出てくる、ショコラティエの爽太が作り出すチョコレート。
ミントフレーバーのトリュフ、オレンジ風味のチョコレートムース、
カリカリキャラメル入りボンボンショコラなど、垂涎ものです。
読んでいるとものすごく美味しいチョコレートが食べたくなるので、
ダイエット中の方は心して読んで下さい。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



2010.12.07 Tue 等価交換で得られたもの【鋼の錬金術師】

13hagaren27.jpg

鋼の錬金術師(27)荒川弘/スクエニガンガンコミックス 2010/11/22発売

--------------------

※コミックス感想はネタバレに配慮しておりませんので
未読の方はご注意ください。

--------------------

いよいよ最終巻。深かったです・・・。

亡くした母を人体錬成で取り戻そうとして、手足や体を失ったエルリック兄弟。
それを取り戻す方法を探る旅に出る、バトルダークファンタジーなのですが、
その重さとコミカルさのバランスが抜群です。
アニメから入られた方も多いと思いますが、
まんがのほうがお遊び的なコメディーシーンが多くて好きです。

とにかく読んでほしい、これに尽きます。
そのストーリーの完成度、バトルシーンの見せ方、伏線の張り方、
初回から最終回までのムダのない流れ。

自分が少年ジャンプ作品をメインに読んできたせいかもしれませんが、
あのシステムではできない表現があります。
これは批判ではなく、ジャンプにはジャンプなりの良さがあると思います。
けれども、最初から最後まで緻密な計算を重ねたこういう作品は
なかなか生み出せないのではないでしょうか。

ワンピースも同じように伏線を張り巡らせた大作ではありますが、
やはり人気が確定していない初期の頃の話は、
打ち切りされないように盛り上がりを前倒ししていますよね。
(ゾロがやけにあっさり仲間になったり)

緻密な計算の上に成り立った展開を最後にまとめきった荒川先生に
「ありがとう」と「おつかれさま」を伝えたいです。

気持ち悪いくらい大絶賛してしまいましたが、唯一「んー」って思ったこと。
アルを取り戻すための等価交換となる通行料。
エドの「錬金術」だったわけですが、なんかこうあっさりしすぎかなーと。
エドとアルの精神が混線してたからできたことですし、
他の人は帰りの扉がないので真似できるものでもない。

理屈としては納得できるんですが、エドばかり失うものが多い気がします。
アルは扉が残ってるから普通に錬金術が使えるみたいですし。
その分エドにはウィンリィがいるからいいのかな。

あと、巻末に収録されていた両親の話を見て思いましたが、
エドはホーエンハイム似、アルはトリシャ似なんですね。
そしてエドの金髪金目は、クセルクセス人だったホーエンハイムの遺伝。
ふたりは、最後のクセルクセス人とアメストリス人のハーフってことだから、
考古学とか研究してる人がいたら、ものすごく貴重な逸材かも。

お約束の4コマとカバー裏も最後まで笑わせていただきました。
ネタバレになってしまうと聞いたので、アニメは見ていなかったのですが、
これからボチボチ見てみようと思います。
セリフを噛むエドのシーンがあれば見たいなあ。

人気ブログランキングへ

2010.11.21 Sun 昼メロの様相を呈してきました【ガラスの仮面】

06garakame46.jpg

ガラスの仮面(46)美内すずえ/白泉社花とゆめコミックス 2010/10/29発売

前巻から2ヶ月連続刊行という(ガラかめにしては)偉業を達成しました。
…しかしこの2冊でいったい何が進んだのかと聞かれると…
何も進んでないような気がするんですが…。

事故で視力が極端に低下している亜弓さんは、
前巻に引き続きお母さんの歌子さんと紅天女の稽古中。

亜弓さんは主人公マヤのライバルとして出現し、当初はありがちな優等生キャラでした。
両親が映画監督と大女優というサラブレットで、お金持ちの上に演技力もすごい。
確か最初は性格もあまり良いとは言えない感じでしたが、巻が進むに連れ、
マヤの好敵手として努力家で優しく、でもマヤの才能に嫉妬するという
人間的にとても魅力的な人物になってきました。

少女まんがのパターン的には、紅天女はマヤのものにというのが王道ですが、
だとすると、この亜弓さんの今までの努力や執着はどうなってしまうのか。
…もうダブルキャストにすればいいじゃないですか、月影先生…。

そしてマヤの紫のバラの人・速水さんとその婚約者・紫織さん。
速水さんの立場上、紫織さんと結婚しなければならないのは名実なので、
もっと紫織さんは余裕で構えていればいいはずなんですが、
いいところのお嬢様とは思えない嫌がらせをマヤに繰り出します。
悪役の主人公いじめもお約束ですが、「マヤかわいそう!」というより
「紫織さん…この人大丈夫なのかな…」と心配になってきます。

ラストでは紫織さんの策略が失敗し、速水さんがマヤとワンナイトクルーズへ。
下世話ですが、いい年した速水さんの慌てっぷりがおもしろかったので、
次巻が楽しみです。

挙げだしたらキリがないほど毎巻ツッコミどころが満載となっていますが、
やはり気になるのは大筋の展開なので、そろそろ進めてほしいですね。

●過去の同作品レビュー記事
 ガラスの仮面(45)

人気ブログランキングへ

2010.11.16 Tue 原作を読んでほしい医療まんが【医龍】

12iryuu24.jpg

医龍(24)乃木坂太郎・永井明/小学館ビッグコミックス 2010/10/29発売

人気ドラマとして何クールも放送されているので、内容は知らなくても
坂口憲二が主役の医療の話、というのは周知されていると思います。

私もきっかけはドラマ化されると聞き、興味を持って読み始めました。
(余談ですが、自分はドラマがおもしろかったから原作を読むのではなく、
ドラマ化されるほどのおもしろい原作なら読んでみたい、
ドラマの出来の善し悪しに関係なく、という原作至上主義者です。
あ、もちろん例外も時々ありますw)

原作は24巻目。
これだけ話が続くと「最初はおもしろかったのになー」と
ストーリーが中だるみするまんがが多いと思います。
集めていた単行本がブックオフ行きになるかどうかの分かれ目。
医龍はここに来てさらに先が気になっておもしろい。

外科医として素晴らしい技術を持った朝田龍太郎が、
医大の助教授・加藤晶に大学病院に呼び寄せられるところから始まった話。
最初は朝田を利用して、自分が教授になって医療改革するために
難手術を成功させようとしていた加藤が、
朝田の信念やヒューマニズムに触れ、より大きな器をもった教授候補へと成長します。

しかし、この話で一番の成長を見せるのは、やはり研修医の伊集院登でしょう。
最初は保守的で技術不足の一研修医でしかなかった彼が、
朝田の無茶な要求に応え経験を積み、その天才的な手術を近くで見ることによって、
研修医としてはありえないほどの成長を遂げていきます。

医療改革、大学病院の派閥、クオリティオブライフなど、
医龍の中で取り上げられているテーマは多いですが、
この伊集院の成長を見守ることもひとつの大きな柱なんだと思います。

さて、今巻では自殺者を助けようとして重症を負った朝田の手術を
伊集院が成功させられるかどうか、という前巻で焦らされた結末が分かります。
そして運命の教授選。
投票前に医局内の意外な人物が教授選について語ったこと。
そして、また別な手術を受けた現教授・野口の影響。
相変わらず登場人物ひとりひとりの強い信念、その言葉にぐっときます。

野口教授、妖怪化に磨きがかかっていますが、最近にくめませんね。
奥様の咲ちゃんと穏やかな老後を送ってほしいと思ってしまったり。
さらに次巻が待ち遠しい展開でした。

人気ブログランキングへ

2010.11.12 Fri 学園青春まんがの大団円【っポイ!】

11ppoi29.jpg     11ppoi30.jpg

っポイ!(29)やまざき貴子/白泉社花とゆめコミックス 2010/11/5発売
っポイ!(30)やまざき貴子/白泉社花とゆめコミックス 2010/11/5発売

1巻の発売が1992年なので、18年かけてようやく完結しました。
読み始めた頃は自分も学生で、個性的で人情派の友人達や
楽しそうな学校生活に憧れました。

しかし、これ、30巻かけて中学3年生の1年間の話。
主人公である「へー」こと天野平と、その幼なじみの日下万里を中心に、
その友人たち、不思議な縁で出会う周りの人たちに毎話スポットを当てて進むので、
当の主人公たちの話だけ集めたら、恐らく半分ぐらいになりそう。

ただ、そのまわりのトラブルや小さな悩みに、平は真剣に接し万里はフォローする。
決して解決するわけではないけど、何らかの影響を与えていく。
ふたりの芯の強さ、気持ちの優しさが、まわりに静かに伝わっていく。
小学生では幼すぎて、高校生ではスレてしまいすぎる。
微妙な中学生の彼らの心境や生き様が、すごくかっこいいです。

何よりこの話の中で自分が好きなのは、平と万里の関係。

万里は背も高く顔も良く、なんでもできて完璧で隙がない。
幼い頃から仕事が忙しい両親にワガママを言えず、
ひとり我慢をし続け、そんな自分のドライさを自分で分かっている。
反対に隣に住む平は大家族の中で可愛がられて育ち、
小さくて華奢で女っぽいことがコンプレックス。

ふたりはお互いがお互い以上に自分を知っていて、何をするにもふたり一緒。
平は万里に憧れ、何をするにも万里を頼るんだけど、
そんなスーパーな万里が、実は平にだけは心を許し熱くなれる。
依存しているようで、きちんと自立している。
ストーリーは完結しましたが、今後もふたりの関係が変わらないといいなあと思います。

1巻から引っ張った、平とヒナのお互い知らない片思いの両思い。
29巻の平の行動は、正直意外で平らしくない・・・?と思いましたが、
最終話を見ると、まあ、それも平なんだろうなーといった印象。

個人的に一押しだった万里がその後どんな恋愛をしていくのかも気になりました。
マコトさんと付き合っちゃえばよかったのに、と思いましたが、
それはそれで過激な反対派もいそうなので、読者に想像を委ねる形で正解かも。

その後が気になる登場人物が山ほどいるので、
踊る大捜査線のスピンオフみたいに、ぜひ単発で描いていってほしいなと思います。

人気ブログランキングへ